【体験レビュー】フォトフェイシャル実際の効果を写真付で公開!プロの解説付き

シミ取りや美白、小じわやたるみに毛穴の悩み。
アンチエイジングを気にする女性なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「フォトフェイシャル」

 

メディカルスキンケアスペシャリストのMarikoです。

 

お肌のキメも整えて、美白もしてくれる。
そんな万能トータルアンチエイジングマシーン(言いすぎかな?(笑))のフォトフェイシャル

 

本当に効果があるのか気になっている方、多いのではないでしょうか?

経過はどうなのか?
ダウンタイムや副作用は?
何回やればいい?

たくさんの「?」がありますよね。

 

そこで今回の記事は、
【体験レビュー】フォトフェイシャル実際の効果を写真付きで公開!プロの解説付き
ということで書いていこうと思います。

 

どこよりも詳しくわかりやすく美容のプロが解説。
これを読めばフォトフェイシャルの疑問が全て解決します。

今回は友人に協力してもらい、実際にフォトフェイシャルをした写真を使用しています。

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャル M22

 

フォトフェイシャルは、お肌に効果のある光を当てて、色々な悩みを解決する治療法です。

 

シミの原因であるメラニンに効く波長、赤ら顔の原因であるヘモグロビンに効く波長を備えています。
また、コラーゲンを活性化させる作用もあるため、本当に「万能トータルアンチエイジングマシーン」と言えますね!

 

ダウンタイムがほとんどなく、施術直後からお化粧もOK。
いつもと同じ生活にすぐ戻れ、人にバレずにきれいになれるところが魅力です。

 

皮膚科の女医さんや、美容クリニックで働くスタッフにも人気がある施術です^^
ハッキリ言ってみんなやってます!!

 

フォトフェイシャルの効果は?

フォトフェイシャルには色々な効果があります!

  • シミ
  • そばかす
  • 肝斑(機械の種類によります)
  • くすみ
  • ニキビ跡の色味
  • 毛穴
  • 小じわ
  • ハリ
  • 肌の質感
  • 赤味

こんなに色々な悩みに効果を出してくれるんです!

 

女性なら悩みそうなことが一気に解決しそうですよね?

 

そうなんです、フォトフェイシャルは一度に色々な悩みを解決してくれる優れものなんです!!
ダウンタイム(かさぶたになったりする時期)がほとんどないので、人知れずこっそりと治療ができるのも人気のヒミツです。

 

コチラは私の友人が実際にフォトフェイシャルを受けた写真になります。

フォトフェイシャル 効果 写真

 

シミがかなりなくなり、肌の透明感も出たのがわかりますよね?
これほど効果を出してくれるのがフォトフェイシャルなんです。
(実際に効果のある美白の基礎化粧品も同時に使用してもらっています。)

 

しっかり続けることで、本当に効果が得られます。
シミやそばかすもきれいになりますし、すみが取れるのでファンデーションの色を一つ明るくしなければいけなくなった、という患者さんもたくさんいらっしゃいます。

 

市販の高級な化粧品を買うくらいなら、フォトフェイシャルを1回やった方が何十倍も効果があります!!

Mariko
Mariko
こんなに効果があるフォトフェイシャル♪
たまに2万円もする美容液を使っている・・・なんていう患者さんがいらっしゃるのですが、ほんとうにもったいなく感じちゃいます。

 

シミ取りレーザーとの違い

シミ取りレーザーとどちらがいいのか悩む・・・
という方もいると思いますので、違いについても説明しておきましょう。

シミ取りイレーザー フォトフェイシャル どっち

 

写真で見るとこんな感じです。

 

シミ取りレーザーはピンポイントのシミに最適です。
フォトフェイシャルは細かいシミがたくさんある、または一気に色々治したい方に最適です。

 

シミ取りレーザーの場合はそのシミの部分にのみ効果を出します。
フォトフェイシャルの場合は、顔全体に効果を出します。

 

また、シミ取りレーザーの場合はしっかりカサブタになるダウンタイムが出ます。
フォトフェイシャルではダウンタイムがほとんど出ません。

 

全体もキレイにしたいけどピンポイントで気になるシミもある。
という方には、両方するというのが一番効率がいいと思います。

 

シミ取りレーザーについてはこちらに詳しく書いています。

 

エステと美容皮膚科の違い

エステサロンにも「フォトフェイシャル」というメニューが並んでいますよね。
これではどちらでやったらいいのか迷ってしまいますよね。

 

しかし、そもそもエステサロンと医療機関では使える機械に違いがあります

 

安心安全、そして効果が確実だという事が証明された、厚生労働省が認可している「M22」は医療機関でしか取り扱う事が出来ません

M22に関してはこちらを。

 

そして、一番大きな違いは医師がいるかいないか、だと思います。

 

医師が直接患者さんの肌の状態を確認して効果が出るパワー設定ができる医療機関、それに対して医師がいないエステサロンではトラブルを起こさない低いパワー設定で施術を行います。

 

また、医師が診察をしないエステサロンでは、そもそも本当にフォトフェイシャルで効果が出るものなのかすらわからない状態で行っていることになります。

 

これだけ聞けば、どちらで行うべきなのかは明らかですよね?

 

フォトフェイシャルは必ず医療機関で行うようにしましょう!

 

どのようなクリニックで行うかも重要です。
これに関してはこちらの記事を参考にしてくださいね。

 

フォトフェイシャルに向いている人

シミ取りイレーザー フォトフェイシャル どっち

 

しつこいようですが、上の写真をもう一度見てみてください。

こんな方はフォトフェイシャルに向いています!

  • 顔全体にシミが多い
  • そばかすがある
  • 顔全体のくすみも取りたい
  • 顔の赤みが気になる
  • 肌のハリも出したい
  • 肌質も良くしたい
  • 毛穴の開きが気になる
  • ニキビ跡の色味が気になる
  • 小じわも気になる
  • ダウンタイムを出さずにアンチエイジングしたい
  • 人にバレずにキレイになりたい
  • とにかく色々一気にキレイにしたい

ここに書いたようなことに当てはまる方は、フォトフェイシャルを試してみるといいと思います。

 

Mariko
Mariko
いろいろキレイにしたい欲張りな美容クリニックスタッフや皮膚科女医さんが、こぞってやるのも納得ですよね!

 

フォトフェイシャルの料金相場

フォトフェイシャルの金額の相場は、1回あたり1万円~3万円

 

自由診療になるので、クリニックにより金額にばらつきがあります。
都心に行くと金額が上がる傾向にありますね。

 

また、機械の種類によっても金額がちがったりしますので、詳しくは直接クリニックに問い合わせましょう。
上に書いたような金額を目安と考えてOK。

 

フォトフェイシャルの回数と頻度

どのようなペースで、何回くらいすればいいのか、これも気になりますね。

 

おおよそ月に1回程度を5回以上。

 

と覚えておきましょう。

 

前回の施術から3週間以上間が空いていれば、次の施術を受けてOK。
治療効果をどんどん出したければ、6週間以上開けない方がベターです。

 

施術と施術の間が空きすぎてしまうと、その間に浴びた紫外線の影響でメラニンが増えてしまうため、パワーを上げにくくなってしまいます。

 

そうすると、しっかりしたペースで施術を受けた場合に比べ、効果が落ちてしまいます。

 

ぐんぐん効果を出したいときは、ペースを守ってしっかり行う事が大切です。

 

5回以上行うということにも理由があります。

 

まず、フォトフェイシャルを初めて行う患者さんに、強いパワー設定はしません
やけどしてしまう恐れがあるためですね。

 

1回目の反応を見て、2回目、3回目とパワーアップしていくのです。

 

パワーは高い方がもちろん効果があるのですが、やけどをしない様にするためには、徐々にパワーを上げていく必要があります。

 

1回目のパワーで反応するレベルのものがなくなれば、2回目にパワーを上げても反応が強すぎてやけどをしてしまうという事がなくなるわけです。

 

また、1回でも写真を並べて比べれば効果があったことがわかるのですが、
自分で「効いた」と感じるのは、かなり効果があった後なんですよね。

 

そんな理由で、5回以上は行った方がいいというわけです。

 

何回続けても、お肌に悪い影響はありませんので大丈夫。
フォトフェイシャルをいつまでやればいいかの辞め時は「自分がいいと思ったとき」という事になります。

 

フォトフェイシャル 効果 写真

 

私の友人のこの写真は、6回フォトフェイシャルを受けた後に撮らせてもらいました。
(実際に効果のある美白の基礎化粧品も同時に使用してもらっています。)

施術の流れ

施術中

施術の流れはこんな感じです。

洗顔をして何も肌についていない状態にする
(化粧水などもつけない状態)

↓↓

医師が肌の状態をチェックしてパワー決定

↓↓

フォトフェイシャルの施術(15分程度)

↓↓

洗顔をしてお化粧もOK
終了

施術時間もそれほど長くないので、1時間もあればすべて終了して帰れます。

特別な準備をして行く必要もありません。
(帰りに化粧をして帰りたい場合はお化粧道具を持っていきましょう)

フォトフェイシャルは痛い?

はてな?

施術の痛みも気になるところですね。
痛みの感じ方には個人差もありますが、目安を書いておきます。

 

顔の上でパチンパチンとゴムを弾かれたような痛さがあります。
また、光治療ですので光が出ます。
アイマスクをして行いますが、それでも少しまぶしい感じがあります

 

これを「痛い」と感じるのかは人によりますが、どちらにしても我慢できない痛みだったら施術をしてくれる看護師や医師に伝えてください
パワーの調節をしてくれます。

 

パワーを下げられてしまったら効果も下がるのでは・・・と心配しないでください。
我慢できない痛みだったとしたら、それはあなたには強すぎるパワーだという事です。

 

一瞬パチッと痛みがあって、それが長引かない。

 

というのが一番いいパワーの目安です。

注意事項と自宅でのケア

フォトフェイシャルを受けるときに一番気を付けなければいけない事は「日焼け」です。

 

フォトフェイシャルは黒い色に反応する波長を含んだ光を当てていくので、日焼けした肌に当ててしまえば、シミやくすみだけでなく、お肌自体が反応してしまいます。
そうすると、火傷のリスクが上がってしまうんですね。

 

また、自宅では美白剤ビタミンC誘導体を使ってケアすると、効果が上がります。

 

毎日使わないといけないめんどうな塗り薬は、基礎化粧品にあらかじめ含まれているモノを使うと簡単なのでオススメ。

こちらに、実際に自分で使ってみてよかった、美白剤のハイドロキノンやビタミンC誘導体が入ったドクターズコスメをランキング形式でしょうかいしていますので、自分に合うものを見つけてみてください。

 

フォトフェイシャルのデメリットは?

たくさんのメリットがあるように聞こえるフォトフェイシャル。
デメリットはどうでしょう?

 

フォトフェイシャルで一番のデメリットと言うと、「一度で治療が終わらない」という点です。

 

複数回かけて徐々にキレイにしていくのが得意なフォトフェイシャルは、一度で大きい効果を求める方にはあまり向いていないと言えるかもしれません。

フォトフェイシャルをやめると元に戻る?

複数回かけて徐々にあなたをキレイにしてくれるフォトフェイシャル。

いったいいつまでやる?
やめたらまたもどってしまうの?

という疑問を持つ方もいるでしょう。

 

やめてもすぐ元にもどってしまうことはありませんのでご安心を!

 

もちろん、私たちは日々年を取っていきますから、辞めればその時点に比べれば老化をしていきます。
ただし、一度良くなった状態が急にもとに戻ることはないので大丈夫です。

 

私の一番のお勧めは、満足するところまでは3~5週間に1回、その後はメンテナンス的に数か月に1回を続ける、と言う方法です。

 

こうすれば、一度きれいになったお肌を保ちやすくなりますよ!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どこよりも詳しくわかりやすく、これを読めば全て解決という記事になるよう、フォトフェイシャルについて説明をしました。

 

フォトフェイシャルは色々な女性の悩みに一気に効果を発揮してくれるので、人気の処置です。
私も大好きで、もう何十回もやっています(笑)

 

気になる方は一度試してみるのもいいと思いますよ!

 

ただし!!

施術を受けるなら、ちゃんと皮膚科の医師がいるところを選ぶのが正解。
安ければいいということではありません!!
しっかりしたクリニックを選んで施術を受けましょうね。

 

私が自信を持っておすすめできるクリニックはコチラです。
↓↓
武蔵野皮フ科クリニック

 


>>注目の記事